求められる職員像

岩国市の求められる職員像

信頼

市職員としての強い使命感と高い倫理観や遵法精神を備え、「全体の奉仕者」として中立・公正な立場から誠実に職務を遂行できる職員

チャレンジ

社会情勢の変化に敏感で、自ら課題を発見し、新たなことに果敢に挑戦する職員

岩国愛

岩国への誇りと愛着を持ち 市民に寄り添い、市民と共に考え、市民と協働し、まちづくりに貢献する職員

経営感覚

効率的で、質の高いサービスを提供するため、常にコスト意識を持ち、市民本位の行政経営を推進する職員

人事・人材育成

岩国市の人材育成

岩国市では、市民に満足を得られる行政サービスをどれだけ提供できるかは、サービスを提供する職員がどれだけ高い能力を備えて、組織がいかにその能力ややる気を最大限引出し、発揮させることができるかどうかにかかっていると考え、優れた能力や資質を有する人材の確保、職員の能力開発、人材マネジメント、そして職員の能力ややる気を十分に発揮できる職場環境づくりを総合的に進めることで、総合力の高いチームとしての組織を形成していくよう努めています。

研修

「岩国市人材育成基本方針」に定める「めざす職員像」に必要な意識や能力、職位ごとに求められる能力を習得するための研修を行っています。新しく採用された職員は、まず岩国市職員として必要な基礎知識を学ぶための研修を受講します。また、職員自身の自己啓発による資格取得にかかる費用の助成や配属職場における日常業務を通じてのOJT(On The Job Training)による育成を図っています。その後も職位に応じた研修、研修機関への派遣研修、国や山口県等への実務派遣研修等の充実した研修体制を整えています。

採用後の配属先・人事異動

採用後は、岩国市の本庁、総合支所、出先機関で勤務をします。事務職は、市民の方と直接接する機会の多い窓口部門や企画、財務等の行政事務全般に配属され、技術職は、その職種に応じた部門の計画、設計、施工管理、保守等を担当する部署を中心に配属され、保健師や保育士などの資格免許職は、それぞれの専門分野に関連した職場に配属されます。
その後は、多くの職場を経験し、幅広い知識を身に付けること、さらに人的ネットワークの形成や組織の活性化につなげることなどを目的として、概ね3年から5年で配属先を異動します。
また、自身の活用したい能力や経験してみたい部署を申告できる自己申告制度を実施しており、仕事を通じた成長の機会を提供し、キャリア形成を促進することで、組織力の向上を図っています。

昇任・昇格

昇任・昇格は、より重い職責を務めることにより、職員の能力の新たな伸長・拡大を促すことなどを目的としており、これらは単に人事管理の側面だけではなく人材育成においても大きな役割を果たしています。
なお、昇任・昇格にあたっては人事評価での評価結果等に基づいて行い、そして新たな職責・職階における必要な能力等の習得についても研修機会を提供するなど、人事評価や研修との連携を図っています。

昇任モデル

一般行政職

班員(主事・技師)→ 班員(主任主事・主任技師)→ 係長級(班長・主任) → 課長補佐級(副課長・主査) → 課長級(課長・主幹) → 部長級
※岩国市では班制を採用しており、一般的に係長といわれる役職を「班長」、課長補佐といわれる役職を「副課長」としています。